P‐BAG Opalバージョン パターン納品とN様の靴下

yokka-yokkaをご覧頂きありがとうございます^^

今朝は家の前の広場でキタキツネの子供がひなたぼっこしてくつろいでいました。北海道に来て見慣れた光景でもちろん近づいたりはしないのですが、あまりのリラックスぶりになんだか癒されました。ぽかぽか陽気はキタキツネにも嬉しい一日のようです。


▾N様の靴下

大丸のイベントで少し接客させて頂いたのをご縁に、靴下の編み方のご相談を受けたN様。本当に熱心で、最初はなかなかゲージが合わず何度も編み直しされていたのですが、ちゃんとゲージに合うように練習をされて靴下を完成されました。お会いした時から編み目が揃っていて編み方はとてもお上手だったので、ゲージの合わせ方とつま先、かかとの編み方をアドバイスをさせて頂きました。できたよーとのご報告とお写真を頂きました。靴下編み初心者とは思えない完成度です(下の写真)!しばらくは同じ靴下を編むのでレッスンは必要ないとのことでしたが、私がいなくてもご自分一人で編めるのが一番何よりで私も嬉しいです!ぜひぜひ靴下編みを楽しんでくださいね。お写真掲載のご了承を頂きありがとうございました。


▾P-BAG (プロジェクトバッグ)Opalバージョンのパターン

前回、印刷中ですとご案内していたP-BAG Opalバージョンのパターンですが、1月25日(火)に江別のニットカフェ來來(らいらい)さんに納品いたしました。今回は、P-BAG Opalバージョンのパターンと一緒にダーラナホースのマグネット入りピンクッションも納品いたしましたので、來來(らいらい)さんへご来店の際にご覧頂けると幸いです。ありがたいことにパターンのご予約頂いた方もいらっしゃるようでありがとうございます!ご期待に沿えるかちょっとドキドキしています。

前回の記事は↓こちら


このP-BAGのパターンをご覧になった方から、『どうしてこんな編み方をするの?』とよくご質問を頂きます。見た目の形から想像する編み方とはちょっと違うようです。そもそもこのP-BAGは、靴下を編みたいというご相談を受けワークショップなどを開催しても、2時間のワークショップでは皆さんが一番教えて欲しい「かかとの引き返し編み」の部分までたどり着くことができず、引き返し編みを教えられるワークショップをしたいという発想から、せっかく何か作るなら使えるアイテムでしかも時間内に引き返し編みが教えられるようにしたいと思い考えた編み方です。


同じような形を編むならもっと簡単に編める方法もありますが、『どうしてこんな編み方をするの?』の答えは、「引き返し編みを練習するためのワークショップの教材だから」です。ワークショップで教える前提でしかこのパターンを出すことはないと思っていたのですが、ありがたいことにこのP-BAGを編みたいというお声をたくさん頂いたので、今回編み方は変えずにパターンをご自分で編めるように修正をしてP-BAG (プロジェクトバッグ)Opalバージョンを販売させて頂きました。


変な編み方~と思われるかもしれませんが、最初のP-BAGを作る時にホリン舎さんからデザイン案を頂いてから、引き返し編みの数と底の角度や、どこで綴じたら(綴じ部分は最低限で)楽に綺麗に綴じれるか、どのサイズが使いやすいかなど、ちょっと数は覚えてないんですがサンプルをひたすら作って最終的に今の編み方、形、サイズになりました。私ならこんな編み方をするなーなどのアレンジは編んでいるうちに思い付かれることと思うので、ご自分なりに毛糸を変えたり編み方を変えたりして楽しんで頂けたらいいなと思います。


ちなみに最初のP-BAGの引き返し編みはW&T(ラップアンドターン)でした。今回のOpalバージョンはDS(ダブルステッチ)を使用しています。3月以降から募集しようと思っている初心者さん向けの「靴下のレッスン」では、このP-BAGで練習したいという方には、W&T(ラップアンドターン)/DS(ダブルステッチ)の教えて欲しい引き返し編みを選べるようにしようかと考えています。


最近も靴下を編みたいという方から数件ご相談を頂きましてありがとうございます。「靴下のレッスン」についてはもう少し準備したいことがあるため、2月中旬以降にレッスンについての概要をご案内し、3月から募集、開催を予定しておりますのでもう少しお待ち頂けると幸いです。


初心者の方にはいつもご案内しているのですが、靴下の難しいところはまずは指定通りのゲージで編めるか?というところです。パターン通りに編める方でも小さい靴下で入らない、大きい靴下でぶかぶか、なんでサイズ通りにならないの?と困っていらっしゃる方は少なくありません。ちょっとした長さや幅の変更はもちろん可能なんですが、ゲージが合ってないと模様編みの靴下などは編み図全体を修正するのは難しくなります。


逆に言うとゲージ通りに編めれば編み方を覚えるのはそれほど難しくないと思います。靴下を編みたいけどどうしたらいいんだろう、という方はソックヤーン(中細)の毛糸を2号程度の針で自分がどの程度綺麗に編めるか、自分の手加減は完成サイズ通りなのか、大きいのか小さいのかを知っておくだけでもサイズ通りの靴下が編めるようになる近道です。まずはメリヤス編みでレッグウォーマーや、マルティナさんの腹巻帽子のような目数を変えずに同じ目数で編めるものから初めてみてはいかがでしょうか。


後はマジックループの編み方も慣れておくと、靴下編みには便利ですのでこちらも参考になりましたらどうぞー♪


編みたい靴下を編めるようになった!と編み物の楽しみをお伝えできるように、私がお手伝いできることをがんばりたいと思ってます。では、編み物で楽しい週末をお過ごし下さい!


□□ 関連記事 □□

編み方ミニレッスン

0コメント

  • 1000 / 1000

***Stitch Markers、オリジナル編み物パターンを委託販売させて頂いております。

‐靴下・手袋パターン・Stitch Markers 委託先

□スイーツ&ハンドメイドカフェ AMU CHOCO 札幌市白石区東札幌1条1丁目7-32

HP http://amuchoco.com

国内メーカーの毛糸や編み針、道具類、Studio F(スタジオ エフ)さん、MOCO emikoさんの毛糸などのお取り扱いもあります。初心者さんから経験者さんまで対応可能な編み物教室も開かれています。カフェスペースには、編み物本もたくさん置いてありますので、本を見ながらカフェ編みを楽しんではいかがでしょうか。

□編み物好きさんのニットカフェ cafe 來來(らいらい)江別市大麻東町13-5大麻銀座商店街内

HP https://knitlailai.jimdofree.com

opalの毛糸の品揃えは圧巻!他にも海外のソックヤーンや編み針、グッズなども販売されています。行くたびに新しい毛糸との出会いがあり編みたい毛糸が見つかる場所です。お店は和気あいあいとした雰囲気で、編み物好きさんがいつも編み物を楽しんでいらっしゃいます。ご近所の方が羨ましい!

yokka-yokka

- 暮らしの編みもの- 札幌のカフェスペースをお借りして編み会や靴下編み初心者さんのための靴下のレッスンを開催しています。普段使いのニット小物をご一緒に楽しく編みましょう!

‐お問い合わせ

メールアドレス:yokkaknit @ gmail.com

公式LINEアカウント @703gjocr

Instagramアカウント @yokkaknit

公式LINEのトークは1対1です。他の方は内容をご覧になることはありませんので、ご安心ください。下記友だち追加ボタンを押して頂き、トークメッセージをお送りください。LINEへのご登録はこちらにはどなたが登録したかは通知は届きませんので、お客様からのメッセージがなければ個別にご連絡することはございません。月に数回程度、イベントのご案内などのメルマガは一斉送信にてご案内しております。尚、InstagramのDMからのご連絡もお受け付けしておりますが、内容によってメールでのやり取りに変更させて頂きますので、ご了承願います。