ねじり増し目(左ねじり増し目と右ねじり増し目)

編み物初心者の方のお役に立てたらいいなと思い、何ができるか考えていたんですが、yokka-yokkaのブログで一番アクセスがあるのが、マジックループの解説なんです。初心者の方はやはりマジックループの編み方を検索していらっしゃるんだなと改めて気づきました。

≫マジックループの編み方


これからも初心者さんにお役に立てるような編み方解説も少しずつ増やしていきたいと思っています。(動画制作に時間かかるんで気長にお待ちいただけると幸いです)今回のねじり増し目は、動画を撮影しテロップをいれて編集したものがあるのですが、動画閲覧についてはyoutubeなどの一般サイトにはあげていないため、パターンをご購入いただいた方への補足説明として、動画が見れるURLをお伝えしています。今回のねじり増し目はハンドウォーマーの親指の増し目の動画から写真を抜き出したものです。ハンドウォーマーのパターンをお持ちで、こちらの動画をご覧になりたい方は、どうぞご連絡下さいね。それでは、ねじり増し目覚えちゃいましょう!


:::ねじり増し目(表目の時):::

ねじり増し目とは・・・編み地の途中で目と目の間の渡り糸(本によってはシンカーループと書いてある場合もあります)をねじって目を増やす方法です。靴下やセーターなどにもよく使われていますが、増し目と言っても色々な方法があるので、パターンを見てなんの増し目が使われているのかを確認してください。中でもよく出てくるのがこの「ねじり増し目」です。


もう一つ、「ねじり目」と混乱してしまうのですが、ねじり目はもともとある目をねじって編む編み方なので、ねじることは同じなのですが、目は増えません。ねじり増し目の場合は、目ではなく、目と目の間の渡り糸をねじるという点が異なりますので、ねじり目なのか、ねじり増し目なのか編み図を見て確認してくださいね。ちなみにねじり増し目の場合、ねじって増えた目が次の段では目数が変わるので、下の記号図のように図の形が広がっていくように書いてあります。全体の目数が増えていたらねじり増し目ということになります。


では、「ねじり増し目」についてもうちょっと。ただ「ねじり増し目」と書いてある場合と、「右ねじり増し目」「左ねじり増し目」と書いてある場合があります。「ねじり増し目」と書いてある場合編み地の右側と左側でねじる方向が異なるのですが、編み地の右側でねじる場合「左ねじり増し目」、編み地の左側でねじる場合、「右ねじり増し目」を使います。ただ、これはあくまでも一般的な使い分けで、パターンのデザインによって使い分けてある場合もあるので、ねじりのマークがパターンに出ていたら、注意書きで「ねじり増し目は、全て左ねじり増し目にする」などのちいさな補足説明がどこか隅に書かれていないか探してみて下さい。編んでいる途中に気づいて、「あちゃー!」ということはよくあることです。


最初、これどっちがどっちか本当に混乱するんですよねー。右側なのに左?ってちょっとややこしく感じるんですが、上記の写真を見ると、左側にねじっているのが「左ねじり増し目」、右側にねじっているのが「右ねじり増し目」です。どっちでもいいように思うのですが、ねじる方向によって編み目の向きが変わるので出来上がった編み地を見るとやっぱり使い分けたほうが綺麗に見えるんですよね。ちょっと覚えておくと便利だと思います。ねじり増し目は表目で使用することが多いので、今回は表目の時での解説です。では、「左ねじり増し目」と「右ねじり増し目」の編み方を見ていきましょう。


チェック1.左ねじり増し目の編み方

それでは、左ねじり増し目です。目と目の間の渡り糸を右の針ですくい、左の針にかけます。

この時、渡り糸を奥から手前に左の針にかけます。

↓↓↓ こうなります(渡り糸の左側が針の奥にあり、右側が針の手間にくるようにかかっています)

そして、左の針の下に右の針を入れ輪の内側から編み糸を引き出します。

渡り糸が左側にねじれて1目増し目ができました!これが左ねじり増し目です。↓↓↓


チェック2.右ねじり増し目の編み方

右ねじり増し目の場合も、目と目の間の渡り糸を右の針ですくい、左の針にかけます。この時、右ねじり増し目の場合は、渡り糸を手前から奥にかけます。(糸の左側が針の手前にあり、右側が針の奥にくるようにかけます。)

そして、手前の糸の外側(左側)から針を入れ、かけた糸の輪の中から編み糸を引き出します。

渡り糸が右側にねじれて1目増し目ができました!これが右ねじり増し目です。↓↓↓

輪の中を通すというのが写真で見えにくいのでわかりにくいかもしれませんが、かけた渡り糸がねじれることによって輪になるので、その中を編み糸を通し目を作るとイメージしてみて下さい。


ちなみに最近英文パターンを練習中なんですが、英文パターンでは左ねじり増し目は「M1L(make one left)」、右ねじり増し目はM1R(make one right)」という表記になっていますので、参考までに。


今回の解説はどうでしたでしょうか?誰かの何かのお役に立てたら幸いです。

編み物で楽しく癒されてくださいねー!





0コメント

  • 1000 / 1000

***Stitch Markers、オリジナル編み物パターンを委託販売させて頂いております。

‐靴下・手袋パターン・Stitch Markers 委託先

□スイーツ&ハンドメイドカフェ AMU CHOCO 札幌市白石区東札幌1条1丁目7-32

HP http://amuchoco.com

国内メーカーの毛糸や編み針、道具類、Studio F(スタジオ エフ)さん、MOCO emikoさんの毛糸などのお取り扱いもあります。初心者さんから経験者さんまで対応可能な編み物教室も開かれています。カフェスペースには、編み物本もたくさん置いてありますので、本を見ながらカフェ編みを楽しんではいかがでしょうか。

□編み物好きさんのニットカフェ cafe 來來(らいらい)江別市大麻東町13-5大麻銀座商店街内

HP https://knitlailai.jimdofree.com

opalの毛糸の品揃えは圧巻!他にも海外のソックヤーンや編み針、グッズなども販売されています。行くたびに新しい毛糸との出会いがあり編みたい毛糸が見つかる場所です。お店は和気あいあいとした雰囲気で、編み物好きさんがいつも編み物を楽しんでいらっしゃいます。ご近所の方が羨ましい!

yokka-yokka

- 暮らしの編みもの- 札幌のカフェスペースをお借りして編み会や靴下編み初心者さんのための靴下のレッスンを開催しています。普段使いのニット小物をご一緒に楽しく編みましょう!

‐お問い合わせ

メールアドレス:yokkaknit @ gmail.com

公式LINEアカウント @703gjocr

Instagramアカウント @yokkaknit

公式LINEのトークは1対1です。他の方は内容をご覧になることはありませんので、ご安心ください。下記友だち追加ボタンを押して頂き、トークメッセージをお送りください。LINEへのご登録はこちらにはどなたが登録したかは通知は届きませんので、お客様からのメッセージがなければ個別にご連絡することはございません。月に数回程度、イベントのご案内などのメルマガは一斉送信にてご案内しております。尚、InstagramのDMからのご連絡もお受け付けしておりますが、内容によってメールでのやり取りに変更させて頂きますので、ご了承願います。